相続

(相続)遺言書がある場合において遺留分よりも多い金額を獲得した事例

依頼者属性 40代男性 会社員(横須賀市在住) 相手方属性 依頼者の姉と弟 主な争点 母親の遺言書の有効性、遺留分の金額 当事務所に依頼された経緯  母親が亡くなり、母の遺産をすべて長女と次男(依頼者の姉と弟)に相続させる旨の自筆の遺言書が残されていた。父親は既に他界しており、相続人は、依頼者と姉と弟の3人のみ。依頼者本人が相手方と話しても、相手方の態度がはっきりしなかったとのことで、当弁
続きを読む >>

(相続)父親の隠し子が主張する代償金から減額した金額で合意できた事例

当事務所に依頼された経緯 依頼者は女性(60代)とその母親(80代)。  女性の父親が死亡したので、自宅の名義を父親から母親に変更しようと司法書士に依頼した。  ところが、司法書士から、 「戸籍を取り寄せてみたところ、父親には離婚歴があって、元妻との間に子供Aがいることが分かった」 「Aも相続人になるので、Aの了解なしに女性と母親だけでは名義変更をすることはできない」
続きを読む >>

(相続)相続人の1人が父親の口座から多額の現金を引き出しており、その返還が認められた事案

亡くなった父親の口座から多額の現金がなくなっているとのことで、父親の次女から依頼を受けた。  まずは、父親の口座の取引履歴を取り寄せた。すると、父親の死亡直前に、毎日、限度額が引き出され、総額が1000万円以上にもなることが判明した。同居していた長女が、父親が余命幾ばくもないと知って、次女に無断で引き出したものと思われた。  そこで、長女を相手として不当利得返還請求訴訟を起こした。現金が引き出
続きを読む >>

(相続)親の家計簿から生前贈与や寄与分を詳細に計算し、審判で認めてもらえた事案

兄弟同士の遺産分割交渉が難航しているとのことで、弟が当事務所に依頼。相手方(兄)とは遺産分割調停を行うことになった。  兄は若い頃から借金を繰り返し、兄弟の父母は生前から兄の借金の肩代わりをしていた。また、兄は生活費もままならない状況だったので、兄弟の母親は、毎月のように兄に小遣いを与えていた。  母親が何十年にもわたって詳細な家計簿をつけていたので、借金を肩代わりした金額、与えた小遣いの金額
続きを読む >>

ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野