不動産トラブルの弁護士相談

 不動産(土地・建物)をめぐるトラブルは、遺産分割、不動産売買、賃貸、離婚の際の財産分与、境界紛争など様々な場面で現れます。

 不動産トラブルに強い弁護士をお探しなら、不動産問題の実績豊富な横浜の上大岡法律事務所にご相談ください。

不動産の遺産分割のトラブル

 不動産の遺産分割は、不動産をお金に換金しにくい分、相続人同士のトラブルが多いものです。

  •  ・相続人同士の話し合いで不動産の分割方法が決まらない。
  •  ・亡くなった人が不動産をどこに持っていたかわからない。
  •  ・実家の不動産を長男が相続することになったが、不動産の評価額が決まらなくて揉めている。
  •  ・遺産が不動産しかなくて、遺産が分けられない。

遺産分割の詳細は、遺産分割トラブルの弁護士相談をご覧ください。

 

賃貸のトラブル

 不動産トラブルのご相談で最も多いのが、賃貸物件のトラブルです。当事務所の弁護士には、賃貸マンションやアパート、貸店舗や貸倉庫の家賃、立ち退きに関するご相談がよくあります。

貸主側の相談

  •  ・借主が、賃料を払わない。
  •  ・他の住人とのトラブルの絶えない借主に出ていってほしい。
  •  ・住人が部屋の修繕を求めてきたが、住人の使い方にも問題があったのに、対応しなければいけないのか?
  •  ・アパートの土地・建物を売って老後の資金に充てたいが、住人が出て行ってくれない。

借主側の相談

  •  ・退去の際に、大家が敷金を返してくれない。
  •  ・大家が、「建て替えたいから出て行ってくれ」と言ってきた。要介護状態の老母がいるので、簡単には引っ越せない。

 

不動産売買のトラブル

 不動産売買のトラブルには、不動産を売却したい側と購入したい側のトラブルがあります。

不動産売却のトラブル

  •  ・第三者が土地を借りて住んでいる
  •  ・共有名義の不動産を売却したい
  •  ・土地の権利を別の人が持っている
  •  ・悪徳業者に騙されて、物件を安く売ってしまった

不動産購入のトラブル

  •  ・用途制限がある
  •  ・土地の面積が書類と異なっている
  •  ・契約時に不利益な契約内容となっている
  •  ・土地の権利を別の人が持っている
  •  ・隣の建物が越境している
  •  ・投資物件を購入したら、すでに賃料滞納が発生していた
  •  ・駐車場の広さなどの利用制限があった

 このような不動産売買トラブルがあれば、弁護士までご相談ください。不動産売買トラブルについては、不動産売買取引の弁護士相談をご覧ください。

 

所有不動産のトラブル

 所有不動産のトラブルでは、次のようなことが考えられます。

  •  ・自分の土地に誰かが勝手に資材を置いている。
  •  ・隣家と土地の境界線で揉めている。
  •  ・隣家の塀が、自分の土地に越境しているような気がする。

 

共有不動産のトラブル

 所有者が複数名いる不動産(共有不動産)では、次のようなトラブルが考えられます。

  •  ・夫婦で不動産を共有しているが、離婚することになり、どちらが家を取得するかで揉めている。
  •  ・夫婦でペアローンを組んでいるが、妻が出産に伴い仕事を辞めてしまい、夫の収入だけではローンが払えなくなった。
  •  ・先祖が所有していた不動産を遺産分割協議をしないまま放置していた。現在は誰と共有状態となっているのかわからない。
  •  ・子供のいない夫婦の夫が死亡した。遺言がなかったので、夫名義の自宅不動産を妻が1人で相続できず、夫の兄弟と共有となってしまった。
  •  ・親とお金を出し合って不動産を購入した。親が死亡したら自分が親の共有持分を相続するつもりだったのに、遺言がなく、兄弟と共有となってしまった。

 

離婚の財産分与に伴う不動産トラブル

 離婚の財産分与に伴うトラブルには次のようなものがあります。

    •  ・離婚するに際して、自宅不動産をどちらが引き取るかで揉めている。
    •  ・夫名義でローンを組んでいる自宅不動産を妻が取得することを希望しているが、妻の年収ではローンの借換ができない。
    •  ・夫婦でペアローンを組んだが離婚することになった。夫婦どちらかのローンに一本化したいが、銀行が認めてくれない。
    •  ・自宅不動産を購入する際に、妻の親が頭金を出したため、離婚の財産分与でも妻の取り分を多くしたい。
    •  ・妻子が自宅に残り、夫が自宅を出て別居しているが、ローンの支払いが苦しい。
    •  ・妻の親名義の土地の上に夫名義の家を建てたが、離婚することになったので、妻の親に建物を買い取ってほしい。

 

不動産トラブルの弁護士相談

IMG_47870004

 こういった不動産トラブルが生じた場合、トラブルの種類によって適用される法律・条例は様々です。

 また、法律の規定だけでなく、契約書の条項でどのように記載されているか、類似のトラブルで裁判所は過去にどのような判断を下しているかといったことに関する知識も必要となります。

 さらに、録音や写真といった証拠が必要になる場合もあります。

 そこで、ご自身で相手と直接やりとりをする前に、一度専門的知識を有する弁護士に相談することをお勧めします。
 弁護士は、法律や裁判所の基本的な考え方はどうなっているのか、契約書はどのようになっているか、契約書の条項について専門家としてはどう解釈するか、などといった観点からアドバイスいたします。

 当弁護士事務所では、不動産に強い弁護士が不動産の法律相談や不動産の調査、各種手続き、売買契約のアドバイスや交渉代理、訴訟代理など、ご依頼者様に寄り添って不動産トラブルに対応いたします。

不動産トラブルに強い弁護士をお探しなら、不動産問題の実績豊富な横浜の上大岡法律事務所にお任せください。


ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野