借金問題(任意整理・自己破産・個人再生)

 借金問題の弁護士相談について、当弁護士事務所の特長と、解決方法として任意整理(債務整理) 、自己破産、個人再生のどれを取れば良いのかをご案内いたします。

当事務所の特長

(1)相談料は30分5,500円(税込),1時間1万1000円(税込)

 借金のご相談も有料です。
 事件として承った場合、相談料は弁護士費用に充当いたします。

(2)弁護士費用は原則一括払い

 弁護士費用を全額納めていただけないと事件に着手できないため、基本的には一括でいただきます。ただし、事情によっては分割払いをお受けすることもありますので、弁護士にご相談ください。

(3)取扱案件が豊富

 当事務所は、開所以来20年以上に亘り、多重債務問題に対処し、破産・個人再生や過払金請求など多くの案件を取り扱ってきました。

(4)借金問題からの立ち直りをサポート

 借金の問題は、単なる金銭の問題ではなく、依頼者とその家族の生活設計全体に大きく影響する問題です。

 また、債務者の安易な見通しから債務が増大してしまったという場合には、金銭の使い方に対する意識を根本的に改める必要があります。

 依頼をした当初は立ち直りのためにそれなりの決意をしていた方でも、依頼をしてから時間がたってみると予想以上の出費があったというケースも見られます。

 当事務所は、それまでの生活から立ち直ろうという意識を真剣に持たれている方に対しては、できるだけお力になりたいと考えています。心配事や悩み・疑問点があれば、ご遠慮なく弁護士や事務職員にお伝えください。

 今までと違う、借金にしばられない生活をするために、がんばっていきましょう。

 

どの手続をとるか

 借金問題の解決方法としては、主に(1)任意整理、(2)自己破産、(3)個人再生の3つの方法があります。

 また、貸金業者と契約した利息が違法に高く、実は借金を返しすぎていた(過払い)という場合は、(4)過払金請求(返し過ぎたお金の取戻し)をするという方法もとります。

 借金問題で悩んでいる方は、一度ご相談ください。どのような手段をとることができるかを弁護士が試算いたします。

 

(1)任意整理

「借金返済で首が回らないけど、破産だけはしたくない」
「自分で債権者と交渉するのが怖い」
「収入はそれなりにあるので、なんとか借金は返したい」

 このような方は、任意整理の方法をお勧めします。

 滞納が重なって一括請求されたものをもう一度分割払いにしてもらったり、遅延利息や将来利息を少しカットしてもらったり、といった債権者との交渉を、弁護士が代わって行います。

 なお、あくまで交渉のため、債権者が応じない場合、訴訟となることがあります。

 

(2)自己破産

「住宅ローンはないが他の借金がたくさんあって首が回らない」
「住宅ローンの支払いが苦しくて、家も手放してもいい」

 このような方は、破産の手続をとる場合が多いです。

 ただ、一度破産すると、原則として7年間は再度の破産をすることはできなくなりますので、安易な破産申立ては危険です。当事務所では、豊富な破産申立ての経験から、どのような手段をとるべきかのアドバイスをいたします。

 

(3)個人再生

「住宅ローン以外の借金が少なくなれば、なんとか家計をやりくりできそう」
「住宅ローンのボーナス払いを止めて均等払いにしたい」
「どうしても家だけは手放したくない」

 このような方には、個人再生の方法があります。

 個人再生の方法をとることができるかどうかは、いろいろな要件の検討が必要となりますので、一度弁護士にご相談ください。

 借金問題で悲歎にくれていた方が、当事務所で個人再生の申立てをし、家を確保して人生の再スタートを切ることができたというケースが多数あります。

 人生の再スタートを切るためのサポートをいたしますので、どんなことでもご相談ください。

ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野