相続後の手続が分からない


平成29年2月16日号掲載

Q
 最近私の母親が亡くなりました。私の母親は、長い間病気で入院していたのですが、医療費が滞納していたらしく、病院から医療費を支払ってほしいと言われています。
 母親が生前使用していた預金口座からお金を支払おうとしたのですが、銀行には「戸籍を集めてもらって、手続をとってもらわないと支払には応じられない」と言われてしまいました。
 私はまずどうしたらよいのでしょうか。
 
A
 銀行などの金融機関が、預金者等が死亡したことを知ると、その亡くなった人の預金口座からは一時的にお金が引き出せなくなってしまいます。
 この現象は「口座凍結」などと呼ばれていますが、この口座凍結を解除するためには、亡くなった人の相続人を確定させるために、戸籍を収集した上で、必要な手続を行わなければなりません。
 また、戸籍を収集する中で、当初考えていなかった相続人が判明することもあり、その場合には弁護士が代理人になってその相続人と遺産分割の協議をすることもできます。
 弁護士はこのような相続手続のサポートも行っています。
ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野