(交通事故)死亡事案、保険会社の当初提示額0から6000万円で和解した事例


<川崎市の女性からの交通事故相談>

車による自転車の巻き込み事故の事例。数週間後に死亡した被害者の家族からの依頼。相手側の保険会社は、被害者の過失により生じた事故であるとして、賠償金提示額は0円。交渉の余地がないことから、訴訟を提起。被害者に大きな過失はないことを主張立証した結果、裁判所は被害者の過失は30%であることを前提に和解案を提示。最終的に賠償金6000万円で和解が成立。

<事故発生時の状況>

車対自転車の事故。加害車両による交差点左折時の巻き込み事故。被害者は数週間後に死亡。

<相談・依頼までの流れ>

保険会社から被害者の過失により生じた事故であり、賠償金は支払えないと言われたとのことで依頼された。

<当事務所の活動>

弁護士から保険会社に請求しても、保険会社は、被害者に事故の責任があるとの主張を変えず、賠償金は0の提示であったことから、訴訟提起。刑事記録における加害者供述の矛盾を指摘、事故現場の道路状況や双方の車両の状況から加害者主張の事故態様が不当であることを示したり、本件事案と同様の裁判例を示すなどして、被害者に大きな過失はないことを主張立証。その結果、裁判所は被害者の過失を30%として、和解案を提示。最終的に6000万円で勝訴的和解。

<当事務所が関与した結果>

賠償額0の提示から、訴訟提起することにより、ほぼ請求どおりの和解を勝ち取った。

<解決のポイント(所感)>

死人に口なしの状況であって、事故態様、過失割合の主張立証は困難を極めたが、できうる限りの主張をし、裁判所の有利な和解案を引き出すことができたと思う。

交通事故の最新記事

解決事例の最新記事

ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野