不動産賃貸契約

IMG_49110002
「家主から突然賃料を値上げすると言われて困っている」
「既に明け渡した物件の修繕費用を求められている」
「借主がもう何か月も賃料を支払っていない」

 不動産の賃貸借契約は、売買契約の場合と比べて、動くお金が小さいこともあり、契約書の内容の確認をおろそかにしてしまっているケースが多いです。

 契約の段階で将来起こりうるトラブルを想定して、契約内容をよく確認しておかないと、貸主と借主の双方が大きな不利益を被るおそれがあります。

 また、そもそも法律の知識がなければ、契約書を事前によく読んだとしても、気をつけるべきポイントが分からないため、結局は問題が発生して初めて契約内容の不備に気付くということになってしまいます。 

 賃貸借契約におけるトラブルを防ぐためには、契約書の内容を十分に理解した上で、契約を結ぶ必要があります。将来のトラブルを回避するためには正確な知識に基づいた契約書の作成・チェックは欠かせません。

 また、契約期間満了時の更新手続や解約の申し入れ、賃料の改訂や、明渡し後の敷金の返還など、賃貸借契約の局面ごとに、適切な対応を取る必要があります。例えば、解約の申し入れは3か月前までにしなければならないなど、法律で厳格に決まっていることも多いので、適切な時期に適切な判断を行い、実行に移すためには、弁護士のアドバイスを受けることが賢明です。 

 弁護士に依頼をすることで、契約書の作成から条項の確認、条件の調整など、賃貸借契約にまつわるトラブルを未然に防ぐためのアドバイスを受けることができます。また、万一トラブルが発生した際にも、相手側との交渉を本人に代わって行うことが可能です。

 不動産賃貸借契約は、長期継続的な法律関係を結ぶものですから、慎重かつ適切な判断が必要ですので、法律の専門家である弁護士にご相談することをお勧めします。


ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野