(相続)親の家計簿から生前贈与や寄与分を詳細に計算し、審判で認めてもらえた事案


兄弟同士の遺産分割交渉が難航しているとのことで、弟が当事務所に依頼。相手方(兄)とは遺産分割調停を行うことになった。

 兄は若い頃から借金を繰り返し、兄弟の父母は生前から兄の借金の肩代わりをしていた。また、兄は生活費もままならない状況だったので、兄弟の母親は、毎月のように兄に小遣いを与えていた。

 母親が何十年にもわたって詳細な家計簿をつけていたので、借金を肩代わりした金額、与えた小遣いの金額をピックアップし、計算した。何十冊にもわたる家計簿から、該当ページをコピーして、裁判所に提出した。一つ一つの金額は少額であったが、総額が1000万円を超え、裁判所も、兄への特別受益であることを認めた。

 少額の小遣い程度であれば、特別受益として認められないのが原則である。また、小遣いを与えていたことの立証も通常は困難である。しかし、本件では、兄が小遣いで生計を立てていたことを詳細に主張・立証し、裁判所も認めてくれた。

相続の最新記事

解決事例の最新記事

ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野