弁護士紹介

石井 誠(いしい まこと)

略歴

昭和37(1962)年
昭和50(1975)年
昭和56(1981)年
昭和62(1987)年
平成06(1994)年
平成07(1995)年
平成09(1997)年
平成10(1998)年
平成16(2004)年
東京都生まれ
鎌倉市立玉縄小学校卒業
栄光学園高等学校卒業
東京大学法学部卒業
司法試験合格
司法研修所入所(49期・横浜修習)
弁護士登録 (横浜弁護士会・登録番号25613)
独立・上大岡法律事務所開所
ゆめおおおかオフィスタワーに事務所を移転

公益活動等

平成14(2002)年∼
平成19(2007)年∼
平成20(2008)年∼
平成23(2011)年∼
平成24(2012)~
平成25(2013)年
平成25(2013)年∼
 
平成26(2014)年∼
日弁連弁護士業務改革委員会委員
神奈川県弁護士会弁護士業務改革委員会委員長
NPO法人遺言・相続リーガルネットワーク理事
神奈川県弁護士会非弁護士取締委員会委員
横浜弁護士会副会長
 
日弁連弁護士業務改革委員会弁護士補助職認定制度推進小委員会委員長
神奈川県弁護士会綱紀委員会委員 
港南区工業会理事

<自己紹介>

 私は、中高は私立の栄光学園に通い、大学は東京大学法学部を卒業していて、この点を見ればいわゆるエリートの部類に属するのかもしれません。
 しかし、私は小学校高学年時代には学校でいじめに遭い、その苦しい記憶は今でも忘れることがありません。

 また、大学を卒業してから司法試験に合格するまで10年近くかかってしまい、その間、自分より後に勉強を始めた後輩が先に司法試験に合格していったり、アルバイトで時間を使ったりと、それなりの苦労を積み重ねてきました。そのため、困ったり苦しんだりしている人に対する共感力は人並み以上に有していると自負しています。

 弁護士になってから1年半で独立して、平成10年に上大岡法律事務所を開設しました。当時は、裁判所がある関内以外で事務所を構えている弁護士はあまりおらず、他の弁護士からは珍しがられたものですが、上大岡近くにお住まいの相談者からは、上大岡に弁護士事務所があるということで喜ばれることが多く、相談件数はどんどん増えていきました。平成16年には現在のゆめおおおかオフィスタワーに事務所を移転し、平成17年からは勤務弁護士を採用するようになりました。

<趣味>

 趣味はゴルフです。弁護士になる前の司法修習生のときに始めました。始めたころは一生懸命練習をしたこともあり、初ラウンドでのスコアは110でした。それから1年くらいで初めて90台を出し、周囲の人からは「石井さんは上手くなる」と言われたものでしたが、もともと運動神経はない方なので、始めてから20年近く経った今でもスコアはあまり変わりません。クラブの中ではパターが一番好きで、ホールからカップまでの距離を歩測し、傾斜や芝の早さを読み切ってカップインをさせたときの快感はたまりません。

<業務への思い>

私が弁護士になってから一番心がけていることは、相談者・依頼者に対して分かりやすい説明をすることです。これまでも相談者の方から、「何人もの弁護士に相談したけれども、言っていることが難しくてよく分りませんでした。今日、石井先生の話を聞いて初めて理解しました。」と言われたことが何度もあります。

一般の方にとっては、弁護士に相談することを考えるような事態になることは、一生に一度あるかないかだと思います。そして、多くの場合、これまでの人生最大の困難に直面されている状態でご相談にいらっしゃいます。そのような方々が元気になるような、前向きな相談となるように心がけています。そして、事件処理の結果、依頼者の方々に喜んでいただくことが、私にとって弁護士冥利に尽きます。

弁護士 石井誠 インタビュー

 

秋元 麻奈(あきもと まな)

略歴

昭和51(1976)年
平成07(1995)年
平成11(1999)年
平成15(2003)年
平成16(2004)年
平成17(2005)年
横浜市生まれ
神奈川県立外語短期大学付属高等学校卒業
早稲田大学法学部卒業
司法試験合格
司法研修所入所(58期・横浜修習)
弁護士登録(横浜弁護士会・登録番号33188)
上大岡法律事務所入所

所属委員会

神奈川県弁護士会弁護士業務改革委員会委員

注力分野

離婚・男女間のトラブル、相続、交通事故、労働問題

<自己紹介>

 横浜市に生まれ育ちました。平成17年に、石井の初めての勤務弁護士として入所し、以来当事務所にて勤務しております。
 弁護士を目指したのは、就職の時期になり、自己分析の結果、自分が企業に勤まるはずがないと思い込み、法学部だったので、そこはやはり司法試験だろうという安易な考えで、積極的な理由は、持ち合わせていません。

<趣味>

 趣味と呼べるものはありませんが、海外ドラマが好きでよく見ます。最近のお気に入りはプリティ・リトル・ライアーズです。
 また、幼少期から生物が好きで、中でも犬とパンダに魅了されています。どれくらい好きかというと、パンダに会いに、上野だけでなく、神戸や和歌山にも行きます。パンダ舎に2時間ぐらい張り付いて離れず、ずっと愛らしい様子を見てしまいます。
 また、約20年間ダックスフントを飼っていました。胴長短足で成犬になっても子犬のような可愛らしい仕草が見られます。性格は独立独行のひょうきん、甘えん坊です。可愛くないはずがありません。犬が寝ていて、呼吸をするので、腹部が膨らんだり元に戻ったりするわけですが、それを見るだけで、「ああ、この子は生きているんだ」と思い、嬉しくて涙が出てしまうという程溺愛していました。
 海の生物も好きです。学生時代には、運動音痴で全く泳げないのですが、野生の海の生物にどうしても会いたくて、泳げなくてもできると言われたことからスキューバダイビングを始め、毎月のように国内外に潜りに行っていました。

<業務への思い>

 依頼者の希望や思いを最大限尊重する中で、紛争を解決する最善の方法を考え出し、解決に導きます。心がけていることは、依頼者の話を十分丁寧にお 聞きすることは当然として、適切な発問によりお話を引き出すことです。事件が解決に向かう後半で、最初に依頼者が話していたことの本当の意味合いやこだわりの理由に気がついたことがあります。初めから理解できていればまた違った解決方
法があったのではないかと苦い思いをしました。
 過去の事実や状況を説明し、今の気持ちを表現し、何も知らない相手にそれを正確に理解してもらうことは容易なことではないので、弁護士は良きインタビュアーでもなければならないと思います。

 

水口 かれん(みなくち かれん)

略歴

昭和48(1973)年
平成03(1991)年
平成07(1995)年
平成09(1997)年
平成09(1997)~
平成21(2009)年
平成22(2010)年
平成23(2011)年
 
平成23(2011)年
東京都生まれ
光塩女子学院高等科卒業
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
京都大学経済学研究科修士課程修了
証券会社調査部に勤務
 
中央大学法科大学院既修コース修了
新司法試験合格、司法研修所入所(新64期・長崎修習)
弁護士登録(横浜弁護士会・登録番号45683)
上大岡法律事務所入所

所属委員会

神奈川県弁護士会犯罪被害者支援委員会委員
神奈川県弁護士会公害・環境委員会委員

注力分野

離婚、相続、中小企業法務、金融消費者被害、行政訴訟

<自己紹介>  

 私は弁護士になる前に証券会社に8年半勤務していました。証券会社での仕事もそれなりにやりがいはあったのですが、困っている人の助けになる仕事をしたいと思い、弁護士を志しました。
 受験時代は、アルバイトはしていたものの、定収入がない状況で生活費から法科大学院の学費まで捻出しなければならず、不安な日々を送っていたのですが、おかげさまで何とか司法試験にも合格し、縁あって上大岡で就職いたしました。

<趣味>

 趣味は、時代小説を読むことです。また、現代ドラマでは刑事ドラマ、中でも「相棒」がとても好きです。
 私は女性の中では背が高く色黒なので、スポーツが得意そうとよく勘違いされるのですが、子どものころから体育の授業は常に落ちこぼれていました。弁護士になってからゴルフを始めたのですが、せっせと練習しているわりには上達が遅く、コーチから怒られています(他の生徒さんは上手になっておられるので、ひとえに私のセンスのなさが原因だと思われます。)。ただ、子どものころからスポーツは何一つできなかった自分がゴルフだけは続けられているので、下手なりに楽しめるゴルフと出会えてよかったなあと思っています。

 <業務への思い>

 紛争解決へ導くためには、依頼者の気持ちに寄り添いながらも、各証拠と法的根拠を見据えながら、冷静な戦略を立てることが重要です。ときには依頼者にも厳しいことを言うこともあり、それで依頼者に嫌われてしまったことも何度かありますが、甘い見通しを立て、油断してしまうのは依頼者のためには全くならないと思っています。

 このように戦略を立てながら紛争解決を目指していく弁護士の仕事にとてもやりがいを感じています。脱サラして弁護士を目指すにあたり、とても不安はありましたが、一念発起して弁護士を目指して本当に良かったと思っています。

<講演・セミナー歴>

H26.12.02 「訴訟における立証活動(離婚事件を例に)」@港南区工業会
H27.05.31 「相続・財産管理のトラブルに学ぶ遺言・成年後見制度の活かし方」@上大岡ウィリング
H27.11.17 損害保険代理店向け「保険代理店のための交通事故勉強会」@上大岡ウィリング
H28.07.19 医療機関事務局向け「医療機関に求められるコンプライアンスについて」
H28.12.01 病院関係者向け「病院の個人情報の管理に関する事例」

 

藤井 建徳(ふじい たつのり)

fujii0001

略歴

昭和59(1984)年
平成14(2002)年
平成17(2005)年
 
平成19(2007)年
平成22(2010)年
平成23(2011)年
 
平成25(2013)年
平成25(2013)年~
平成27(2015)年
平成27(2015)年
静岡県富士宮市生まれ
静岡県立富士宮西高等学校卒業
明治学院大学文学部フランス文学科を大学編入のために中途退学
神戸大学法学部法律学科卒業
上智大学法科大学院既修コース修了
新司法試験合格、司法研修所入所(新65期・東京修習)
弁護士登録(東京弁護士会・登録番号47833)
都内法律事務所勤務
 
上大岡法律事務所入所

所属委員会

神奈川県弁護士会刑事弁護委員会委員

注力分野

交通事故、労災事故、医療事故、その他の損害賠償請求

<自己紹介>

 私は静岡県で生まれ、高校卒業まで焼きそばで有名な静岡県富士宮市で過ごしました。
 その後大学へ進学し、一つ目の大学のキャンパスが横浜の戸塚にあったこともあり、大学時代の大部分を横浜の戸塚で過ごしています。

 弁護士登録後は2年間ほど都内の法律事務所で勤務しておりましたが、縁あって活動の拠点を横浜に戻すことになり、横浜市で弁護士として働くことになりました。
 皆様に「相談してよかった」と言って頂けるよう精一杯のサポートをさせて頂きますので、よろしくお願い致します。

<趣味>

 旅に出るのが大好きです。車やバイクで出かけることもありますし、飛行機や鉄道での旅行も好きです。
 国内旅行でとりわけ印象に残っているのは、世界遺産にも登録された小笠原諸島へ行ったことです。小笠原諸島には空港がないため、東京から出ている週に一便しかない船で片道24時間以上かけなければ行くことができません。私が行ったときは船が非常に揺れ、ほとんど眠れないまま小笠原諸島の父島に上陸しました。
 このようにとても行きにくい場所である小笠原諸島ですが、手つかずの自然に触れることができますし、ウミガメのお寿司など珍しいものも食べられますので、ぜひ一度行ってみていただきたいおススメの場所です。

<業務への思い>

 弁護士は依頼者の利益を代弁し、依頼者の利益を実現するために存在します。私は依頼者の方のお気持ちなしに特定の解決方法を勧めることはしません。常に「最後まで私の味方でいてくれる」と思っていただけるような弁護士でいられるように心がけています。

<講演・セミナー歴>

H27.11.17 損害保険代理店向け「保険代理店のための交通事故勉強会」@上大岡ウィリング
H28.05.27 法律事務所事務職員向け「交通事故事件のしくみ」@波止場会館

<書籍執筆>

ガイドブック民事保全の実務(共著)
Q&Aでわかる民事執行の実務(共著)
月刊ドクターズマガジン 2015年8月号『合併症を伴う疾患を有する患者の診察時に医師に求められる検査義務』執筆

 

長門 英悟(ながと えいご)

nagato

略歴

昭和50(1975)年
平成05(1993)年
平成10(1998)年 
平成21(2009)年
平成22(2010)年
 
平成23(2011)年
平成24(2012)年~
平成29(2017)年
平成29(2017)年
群馬県太田市生まれ
私立海城高等学校卒業
関西学院大学法学部法律学科卒業
中央大学法科大学院既修コース修了
新司法試験合格、司法研修所入所(新64期・山口修習)
弁護士登録(第一東京弁護士会・登録番号45642)
都内法律事務所勤務
 
上大岡法律事務所入所
 

注力分野

 離婚、知的財産、刑事事件、少年事件

<自己紹介>

 私は、父親が法律関連の仕事をしていたこともあり、大学卒業後に弁護士を志し、司法試験の勉強を始めました。
 司法試験の受験生活の中、20代半ばの時に白血病という病気にかかり、約3年間、受験を中断せざるを得なくなりました。幸い、骨髄移植を経て元気になることができましたが、この時の闘病生活で、人生は有限であること気付きました。救ってもらった人生を精一杯生きようと思い、また司法試験の勉強を再開しました。
 その後、すっと合格できれば良かったのですが、結局、合格するまでにトータルで10年以上かかり、30代半ばでようやく合格することができました。
 弁護士になった後は、5年間、東京で企業法務を中心とする事務所にて勤務し、平成29年から上大岡法律事務所で勤務しております。

<趣味>

 趣味はマラソンです。闘病生活後、少しずつ体力をつけようと思い始めたマラソンが、今でも趣味として続いています。
 最初は1~2kmを走るのがやっとでしたが、数年後にはフルマラソンを完走できるまでになりました。ゴールラインを駆け抜けたときは、感無量で涙がこぼれました。 マラソンをしていると、40歳を超えた今でも、自分の身体が強くなっていることが実感でき、仕事の集中力につながっていると思います。これがマラソンの大きな魅力だと思っております。いつかは、トライアスロンや、100kmマラソンにも挑戦したいと思っております。

<業務への思い>

 このように私は、人生においても趣味においても、「粘り強さ」を身上としております。仕事においても、少しでも依頼者の利益につながるよう、粘り強く取り組んでいきたいと思っております。
 また、同時に、仕事においてはスピードも大切だと考えておりますので、より一層、粘り強さとスピードを兼ね備えた弁護士になれるよう日々研鑽を重ねていきたいと思っております。


ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野