新着情報一覧

(ブログ)女性セブンから取材を受けました

先日女性セブンから取材を受けたので記事を投稿しました。
続きを読む >>

(不動産)店舗の家賃滞納を理由に建物明渡訴訟を提起し、和解により解決した事案

  【当事務所に相談した経緯】 依頼者は、東京都にある不動産の賃貸経営者。 店舗を長年貸していたが、借主の経営が上手くいかないのか、月によって賃料が払われたり払われなかったり、払われても不足していたりと、計算すると数か月分の家賃を滞納されていた(未払金約200万円)。 「滞納賃料を支払って欲しい、このまま滞納が続くようであれば退去して欲しい」とのことで当事務所へ依頼。 【事
続きを読む >>

(子どもの刑事事件)少年院送致相当であったが,付添人活動により保護観察処分となった事例

【当事務所に依頼した経緯】  暴走族のリーダー格である17歳の少年が集団暴走行為(道路交通法違反)で逮捕されたとして、少年の母親が当事務所の弁護士に依頼し、少年の付添人となった。 【付添人活動】  まず、少年は暴走族のリーダー格であったため、本件終了後再びメンバーから声がかかって迷惑行為や少年事件を起こしてしまうおそれが十分にあった。  そこで、少年の母親に対して、遠方の親戚にしばら
続きを読む >>

(交通事故)保険会社との交渉で訴訟提起も辞さない態度で臨んだところ、訴訟せずに示談で増額できた事例

<横浜市の女性からの交通事故相談> 車対車の交通事故。傷害慰謝料と専業主婦の休業損害が争いになった事例。弁護士の提案に保険会社が応じないことから訴訟を提起すると回答したところ、保険会社から弁護士の提案どおりの賠償金を支払うとの連絡があり、訴訟提起を取りやめた。結果、保険会社の提示額より約200万円賠償額が増えた。 <事故発生時の状況>  反対車線を走行していた車が中央ラインを超えて、依頼者が
続きを読む >>

(交通事故)症状固定時に失職して休業損害が出ない場合に、様々な保険金等により当面の生活費を確保した事例

<横浜市の男性からの交通事故相談> バイクを運転中の事故のため職を失った相談者の事例。事件解決までに相当時間がかかると予想される事件について、様々な方法をとって生活費を確保しながら裁判を進め、結果的に納得のいく形で事件を解決することができた。 依頼者属性 男性 会社員 50代 主な争点  生活費の捻出 【当事務所に相談した経緯】  依頼者はバイクに乗って通勤中、交差点を直進しようとしたと
続きを読む >>

事務所ブログ更新

ブログを更新しました。
続きを読む >>

事務所ブログ更新

4月1日から神奈川県弁護士会に変更になったことについてブログを更新しました。
続きを読む >>

法律問題Q&A追加

タウンニュース掲載の「石井誠弁護士が答える 元気の出る法律相談」から8つの記事を法律問題Q&Aに追加しました。
続きを読む >>

保険代理店様向け交通事故セミナーを開催します

11月17日(火)18:30より「保険代理店のための交通事故勉強会」を開催いたします。 既に当事務所からの郵便をお受け取りになられている代理店様以外にも,ご興味のある代理店様がいらっしゃいましたら是非この機会にお申し込みください。 詳細及びお申し込みは,こちらをご覧ください。
続きを読む >>

(交通事故)後遺障害等級「非該当」の判断に対して異議申立を行い、後遺障害等級が認められた事例

<横浜市の女性からの交通事故相談> 保険会社による後遺障害等級「非該当」という結果について、弁護士が資料を精査し依頼者の追加検査を経て異議申立を行った結果、後遺障害等級14級が認定された。これをもとに相手方保険会社と損害賠償の金額交渉を行い、結果的に損害賠償額を約240万円増額することができた。 依頼者属性 女性 主婦 30代 主な争点  後遺障害の有無 【当事務所に相談した経緯】  依
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野