(相続)相続人の1人が父親の口座から多額の現金を引き出しており、その返還が認められた事案


亡くなった父親の口座から多額の現金がなくなっているとのことで、父親の次女から依頼を受けた。

 まずは、父親の口座の取引履歴を取り寄せた。すると、父親の死亡直前に、毎日、限度額が引き出され、総額が1000万円以上にもなることが判明した。同居していた長女が、父親が余命幾ばくもないと知って、次女に無断で引き出したものと思われた。

 そこで、長女を相手として不当利得返還請求訴訟を起こした。現金が引き出されたころは、父親は入院中であり、自分では銀行に行くことができない状態であったこと、毎日、限度額の金額が引き出される態様が不自然であることを主張立証した。

 結果、当方の勝訴的和解が成立した。

相続の最新記事

解決事例の最新記事

ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野