(不動産)約束違反の借り主に対する退去請求の事案


 古いアパートを立て替えたいので住人に出ていって欲しいとのことで当事務所に依頼。
 事情を詳しく聞いてみると、賃貸借契約では「住居用」という約束になっているのに、その借り主はどうやら別の場所に住んでいて、このアパートを何かのビジネスに使っているということが判明した。

 そこで、居住していないことの証明のために写真を撮り、借り主に対しては約束違反であることを追及して立ち退きを要求した。結果、交渉を開始してすぐに、ごく少額の立退料での退去の合意を取り付けた。

 立退料は高額になることが多いが、本件では契約違反の証拠を確保した上で交渉に臨んだため、相手は少額の立退料で、早期に退去に応じ

不動産の最新記事

解決事例の最新記事

ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野