(交通事故)異議申立により後遺症等級を14級から12級とした事例


<鎌倉市の女性からの交通事故相談>

車とバイクの事故の相談事例。バイクを運転していた被害者は膝を負傷。後遺障害等級は当初14級と認定されたが、カルテの取り寄せ、医師との面談、診断書の書き直しをして異議申立。結果12級を獲得した。保険会社と示談交渉するも折り合えず訴訟提起。保険会社の提示額より800万円増額された賠償額で和解した。

<事故発生時の状況>

車対バイクの事故。加害車両の前部がバイクの右側面に衝突。被害者は膝を負傷した。

<相談・依頼までの流れ>

保険会社の横柄な対応に苦労され、治療中に依頼を受ける。

<当事務所の活動>

後遺障害等級は事前認定で14級。医療記録を取り寄せた上で、担当医と面談。後遺症診断書の書き直しを依頼し、異議申立。その結果、12級を獲得した。その後、保険会社との交渉を続けたが、折り合えず、訴訟提起。裁判官の和解案に従い、和解により解決。

<当事務所が関与した結果>

異議申立により、後遺障害等級を14級から12級に引き上げることにより、賠償額を大幅にアップさせた。また、12級を前提としても、保険会社の提案がなお裁判基準に照らし不当であったことから、訴訟提起した。その結果、保険会社の提案(12級前提)より、800万円増額された裁判所の和解案を得て、解決に至った。

<解決のポイント(所感)>

異議申立が奏功し、14級から12級を獲得したこと、訴訟の結果について見込みを立てて、交渉を続けるよりも、訴訟提起した方が早期解決になると判断したことが解決のポイント。

交通事故の最新記事

解決事例の最新記事

ご相談はお気軽に 045-840-2444
顧問契約のご案内 中小企業のニーズに応える様々な提案をいたします
当事務所の最新トピックス・解決事例は、下記をご覧下さい。
主な取り扱い分野